自律神経失調のタイプ別治療法|適した治療で早期解決

医者

耳鳴りが発症する腫瘍です

女性

難聴やめまいが伴います

耳鳴りや難聴が生じたり、回転性のめまいや顔面のしびれ、けいれんが起きると聴神経腫瘍が発症していることがあります。聴神経は内耳から脳へ繋がる蝸牛神経と前庭神経から成り立っています。聴神経にできた腫瘍は、音を伝達する蝸牛よりも前庭神経に多く発症します。前庭神経は平衡感覚をコントロールしている三半規管や耳石から情報を脳へ伝える器官のため、耳の不具合だけでなくめまいや吐き気を引き起こします。腫瘍はMRIやCTなどの画像検査により正確に位置や大きさを検査することで治療方針を決定していきます。脳に近い位置に聴神経腫瘍ができている場合、脳を圧迫して脳腫瘍の症状を引き起こすこともあり、摘出手術により治療をしていきます。

治療法を選択できます

聴神経腫瘍の治療法は、摘出手術以外にも放射線治療を行うことで腫瘍の進行を防ぐことができます。腫瘍に放射線を照射する量や正確な位置をコンピューター管理により、事前に分析をしながら行います。そのため、放射線による炎症など他の器官への影響を極力少なくすることができます。高齢になってから発症する聴神経腫瘍は進行が遅い場合もあり、手術により体に負担を掛けるよりも経過観察を優先させることがあります。人それぞれの治療法が選択できるので、医師とよく相談して治療方針を定めましょう。突発性難聴やメニエール病のように聴神経腫瘍に似た症状を引き起こす病気があるので、早期に画像検査を行い腫瘍が小さいうちに取り除くことでさまざまな症状が回復していきます。